読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年が見つけた、絆の方程式 「僕と世界の方程式」

f:id:franky88:20170312211249j:plain

僕と世界の方程式』予告動画&あらすじ

天才的な数学の才能を持ちながら、自閉症の症状があり、人とうまくコミュニケーションをとることのできない少年ネイサン(エイサ・バターフィールド)。 大好きだった父を事故で亡くしたことでますますふさぎ込む彼を心配した母親のジュリー(サリー・ホーキンス)は、数学教師のマーティン(レイフ・スポール)に個人授業を依頼します。 彼の熱心な指導の甲斐もあり、メキメキと才能を開花させた彼は、ついにイギリスの代表として数学オリンピックに参加するまでに成長しました。 数学を通じ、徐々に同世代との交流も増え、チームの台北合宿に参加した彼は、そこで中国代表のチャン・メイ(ジョー・ヤン)と出会います。 今まで出会ってきた誰とも違う、不思議な彼女に心を奪われるネイサンはその夏、人生を輝かせる魔法の方程式を発見するのです。

『僕と世界の方程式』見どころ①主役エイサ・バターフィールドの魅力

エイサ・バターフィールド 1997年イギリス生まれ。 7歳からヤングアクターズスクールで演技を学び、「縞模様のパジャマの少年」(09/マーク・ハーマン)で初主演を射止めました。 その後も「ヒューゴの不思議な発明」(12/マーティン・スコセッシ)など、対策に立て続けに抜擢され、売れっ子の子役俳優となります。 目力に注目の熱まつことの老い彼ですが、現在19歳となり、青年期に入った彼の今後の活躍にも注目です。 そんな彼が今作で演じるネイサンは、自身初の自閉症を持つ役柄。目が離せなくなる目力と、自然な演技力により、「リトル・ダンサー」(84/スティーブン・ダルドリー)のビリーのような、唯一無二の主人公が登場しました。

『僕と世界の方程式』見どころ②ピュアな初恋ストーリー

今作は、ネイサンにとって父の死を乗り越える物語であると同時に、ピュアな初恋の物語です。 そんな彼が恋に落ちるチャン・メイは、生まれた国も文化も言葉も違う女の子。 しかしそれは、ネイサンの生い立ちや性格に偏見を持たずに接してくれる初めての少女でもあったのです。 そんな彼女に焦がれるネイサンの瞳から、観客は思わず自分の初恋を思い出してしまうかもしれません。

『僕と世界の方程式』見どころ③“自閉症”という偏見をなくすために

今作はフィクションですが、出発点はとあるドキュメンタリー。優れた才能を持ちながら、『自閉症』という集団では生きづらい性質から多くの偏見を持たれる彼らの、ありのままの姿を映した「Beautiful Young Minds」です。同作はテレビでの放映当時、多くの感動を呼び、今作の誕生につながりました。

そんな今作の公開は1月28日土曜日。大切なひとと、劇場に足を運んでみてください。