読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻撃側に「拒否権」も付帯したい

MLBで、ベンチから監督が審判に意思表示すれば
ボールを投げずとも「敬遠」が成立するルールを導入するそうです。
試合時間短縮が目的で、
メジャーで採用されると日本でもそのうち採用されるのはお約束っぽいから、
来年か再来年あたりそうなるかなと思いますが(苦笑い)、
賛否はいろいろあるみたいだな。
敬遠とはいえ四球を投げ損ない、
それを打ってヒットにしたり、暴投してピンチになるなど、
その手の「醍醐味」が失われるのが嫌だというのが主な理由みたいです。


ぼくとしてもどちらかといえば、
それほど強行意見ではないけど、反対方向に寄ってるかな。
時間短縮というなら、
高校野球みたいに守備交代を走ってやるとかの方がいいだろうし、
醍醐味というのも大事かもしれない。
ただ「現場の人間」であるMLB選手会OKを出したのだとすると、
そう頭から否定するのも考えものでしょう。


実際、MLBから提案された
「ストライクゾーンの下限を上方修正する」というもう一つの新ルールは
選手会に拒否されている。
個人的には、もし時間短縮が目的なら、
ストライクゾーンはせばめるどころか、
逆に投手が有利になるよう広げるべきだと考えます。
なにしろ試合時間が長いのは例外なく打撃戦で、
投手戦は2時間かからないで終わることもザラですからね(笑)。


だから選手が「無投球敬遠」をよしとしたならそれは一考すべきだと思います。
ただ個人的には、
付帯ルールとして攻撃側に「拒否権」がある方がより公正だなとも考えています。


守備側が敬遠するのは、たとえタダでランナーを一人出すとしても、
総合的に見て自分たちに「有利な状況」にするためです。
もちろんそうとわかっていても、
攻撃側が与えてくれた四球を蹴ってわざと三振したりすることはほとんどないけど、
それでも「拒否権」があるとないとでは、かなり変わってくる。


「醍醐味」のような状況だって起こり得るし、
最終的に四球で拒否権を使わなかったときと同じ結果になるとしても、
相手ピッチャーに最低でも四球多く球数を投げさせることになり、
そういう地味なボディブローが後々響くこともあるでしょう。
わざと空振りすればさらに二球多く投げさせられるし、
それで「2ストライク」になれば、
相手も色気を出してストライクを取りに行き墓穴を掘ることだってありえる。


またランナーが三塁におり、スクイズ可能な状況で、
バッターがバントの得意な選手とすると、
たとえはずしたボールでも当てられる可能性があるのに、
それを「無投球敬遠」で無効化されてはたまらない。
まして次の打者がバントが全然ダメだとすればなおさらね。


このあたりは「醍醐味」にも入ってくるものだろうけど、
それとは別に純粋に戦略的・戦術的な意味合いで敬遠のボールを投げさせることに意味があることもある。
実際にはほとんど使われない付帯ルールになるとは思うけど、
そういう面も含めて、
選択権を守備側だけでなく攻撃側にも与えておくのは大切なんじゃないかなと思っています。